できるだけわかりやすく説明してみるという実験:遺伝的プログラミングできるだけわかりやすく説明してみるという実験:ウェブサービス=ネットサーフィンする機械

2016年07月19日

アメリカ人が見る”Zen”

僕が好きな海外のブログに"Zen Habits"というものがある。
Zen Habitsはサンフランシスコに住む、Leo Babautaが、シンプルなライフスタイルを提唱するブログである。
ここでの"Zen"とは明らかに「禅」を指している。つまり「禅習慣」というわけである。



我々日本人にとって「禅」といえば、座禅を連想したり、仏教の一派として考えたり、と宗教的なイメージを持つのだが、Zen Habitsにおいては宗教色は一切ない。
禅問答のように、宇宙をどう捉えるか、という問題を扱うほどの深さも感じられない。
また、一部の「日本好き」西洋人に見られるような、エスニックとして捉えているようでもない。

どうやらシンプルなライフスタイルのことを"Zen"と呼んでいるようである。
同じような意味で"ミニマリズム"という言葉も使っているようであるが、これについても本来の意味からズレているところがおもしろい。

上記のリンクをたどっていただくと分かると思うが、そのブログのデザインからすでにシンプルで、彼らが言う"ミニマリズム"である。

このZen Habitsで誤用されている"Zen"、およびその同義としても誤用されている"ミニマリズム"という言葉をそのまま本来の意味に当てはめて考えれば、ミニマリズム=Zenということになる。

4分33秒において、「無音」をつくろうとしたジョン・ケージが、「龍安寺」の石庭をテーマにした曲を作ったことも繋がる。
つまり、ジョン・ケージにとっても、"ミニマリズム=Zen"だったのかもしれない。

シンプルでオサレでボサノバなデザインというものはこれまでヨーロッパのものであると思われてきたが、"フラットデザイン"、"ミニマルデザイン"で他の産業におけるデザインにまで影響を及ぼしたアップル社がアメリカであるということの違和感と並んで、Zen Habitというものをアメリカ人が書いていること、そしてその根拠を日本の「禅」においていることが意外である。



OLランキングで1位になりたい!賛同していただける方は下記をクリック!
にほんブログ村 OL日記ブログ ドジOLへ
myinnerasia at 08:07│Comments(0)メタロジック 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
できるだけわかりやすく説明してみるという実験:遺伝的プログラミングできるだけわかりやすく説明してみるという実験:ウェブサービス=ネットサーフィンする機械