Minnerasia-002Minnerasia-201

2016年06月09日

現代美術二等兵:(笑)いこそが無敵=フィー

ただその作品に(笑)いを含ませるのではなく、(笑)いこそを作品のテーマとして創りつづけている
アーティスト達もいる。
現代美術二等兵がそうだ。

現代美術二等兵は籠谷シェーン、ふじわらかつひとの2名からなる現代アートユニットで、
もう20年以上活動している。
その作品テーマを「笑い」に徹底しているが、僕に言わせればそれはあきらかに「笑い」ではなく
(笑)い」だ。

たとえば下記の作品。

kanichan
【カニちゃん】
制作者:籠谷シェーン

これは創られた当時の女子たちにとっておそらく無敵の存在だったと思われる蛯原友里、
通称えびちゃんをフィーしたものである。
エビをカニに変えて、本物のカニの甲羅を顔に見立てて、それらしいウィッグをつけただけの雑な作品。
「キミたちにとってはカリスマだかなんだか知らんが、所詮"エビ"でしょ」という裏メッセージ。

この作品は当然のことながら、元の「えびちゃん」を知らない鑑賞者との間には(笑)いが成立しない。
ましてや、日本の文化的背景、文脈に全く触れていない海外の人が、この作品をどこかのギャラリーで
観た場合は、別の解釈が生まれて、「オー!ニホンノアートスバラシ!」ということになるかも知れない。
とにかく、この作品は「えびちゃん」を知っていること前提で観られることが条件になっている。

「えびちゃん」の愛称で女子たちの絶対的存在になっている人物を、カニの甲羅で雑に扱うこと。
この作品の暴力性こそが「笑い」ではなく「(笑)い」である。
そして表面的には「(笑)い」ではなく「笑い」とすることでその暴力性をオブラートしているところが
更に悪質で、無敵=フィーである。
この作品の暴力性に気づかないままただ「エビじゃなくてカニかー」と笑うだけの層も確実にいる
はずで、現代美術二等兵は意識的にその層に向けて(ときに暴力的な)作品を創りつづけている。

さて、そろそろ種明かしをしよう。
現代美術二等兵の籠谷シェーン氏は、実は僕が小学生の頃からの同級生で、ある日、

オレ、ずっと考えてるんやけど、あの"フィー"に勝てる言葉ないかな?

という僕の人生にとって衝撃的な難題を投げかけた、天才少年Kである。
彼はこんなかたちでフィーに勝てる言葉を探し続けていたんだ。


OLランキングで1位になりたい!賛同していただける方は下記をクリック!
にほんブログ村 OL日記ブログ ドジOLへ
myinnerasia at 06:02│(笑)い | フィー
Minnerasia-002Minnerasia-201